暗渠めぐり@小部川2

烏原川の暗渠を紹介するぜ! とか言いながら突然その支流の小部川を紹介し始めた前回であったが,今回はその続き準用河川部の小部川を紹介する.

小部川探訪(その2)

さて,前回は“普通河川”である「小部川」を紹介した.
普通河川とは結局どんな扱いなんでしょうね? 大きな溝?


鈴蘭橋の袂にある,すっかり文字が消えてしまった「準用河川 小部川 上流端」の標柱.ここからは“準用河川”たる「小部川」が続く.


どや,準用河川になって一気に川らしくなったろう?


ちょっと行ったところにまたあった標柱.やはり何書いてあるか判別できない.


せっかく(?)川らしくなったのに,ここで溝っぽいところに落ち込む.


幅が狭くなり“溝”になってしまった……


少し先で再び川幅は拡がっているようだ.


落差がつけられている.


川幅はまたもや狭くなり,住居の間を縫うように流れる.いや,元は川の方が先にあったんだけど.


河川は大きくカーブしてくる,まぁ何とも味気ない三面張りだこと.


すこし北向きに流路を変えた.この先でまた直角に曲がっているのだが,宅地造成や正面に見える橋建設のためこうなったのではなく(多少はあるのかもしれないが)元々このような急に曲がった流路だったようだ.


直角カーブ部分.


少し川幅を広げ,その先で神戸電鉄の線路をくぐる.正面に見えるもっさり緑はグレープフルーツだかの柑橘系樹木でいつも川面にその実をたわわに付けているのだが……採れへんやん.


神戸電鉄の線路をくぐったところで烏原川に合流して小部川は終わる.右から合流する形の川が本流である烏原川だ.

以上,烏原川の支流である小部川を見てきた.
今は三面張りで何の味気もない2kmほどの小河川だが,は田畑の中をくねくねと流れる趣のある小川だったようだ.
暗渠中にある端部をぜひ見てみたいものである,対物センサーで上下左右にぶつからないようにして,ライトとカメラを装備した自動飛行のドローンで撮影できないかしら,とか馬鹿なこと考えてみる.
暗渠めぐりの第二回「小部川」では準用河川部を紹介した.
次は,第一回で南東に流れを変えたところで合流してきていた水路を紹介する.